収益マンションなら大阪の丸喜建設グループへ。

収益マンションなら丸喜建設・タイトル

丸喜建設で建設・販売した収益マンションは、入居者募集時に引き続き、株式会社商都総合管理をさせていただきます。
株式会社商都がオーナーに自信を持ってアピールするのは、この一点。
「高入居率を維持」
収益性と直結する入居率だからこそ、株式会社商都は高い入居率を維持する為に全力で業務を遂行しています。
さらには、ただ単に入居率が高いだけではありません。

収益マンションなら丸喜建設・タイトル

「来るもの拒まず」で高入居率を維持している訳ではありません。入居者の質の低下は様々なトラブルを招き、マンションの美観にも悪影響を及ぼし、やがて入居率の低下という悪循環をもたらすからです。
契約前の入居審査は厳正かつスピーディーに。
契約更新業務で入居者・保証人情報をリフレッシュ。
そうした結果が左の統計データであり、それはすなわち
「上質な入居者層」の形成を物語っているのです。

収益マンションなら丸喜建設・タイトル

収益マンションなら丸喜建設・写真 高入居率かつ質の高い入居者層の為の、もう一つの鍵。
それが、グループ会社・アーバンコンフォートが多店舗展開する仲介拠点「ピタットハウス」です。
「人気の街」に出店し、エンドユーザーを囲い込む。
そして自社管理物件へと誘導する。
丸喜建設収益マンションが高入居率で稼働を続けられるのも、こうしたシナジーが完成しているからなのです。
丸喜建設は、今後も仲介拠点の展開を続けます。
それは何より、オーナーの収益を守る為の戦略なのです。

収益マンションなら丸喜建設・タイトル

収益マンションなら丸喜建設・写真 無論「ピタットハウス」のみならず、様々な仲介業者とも太いパイプを構築しています。

「エイブル」や「アパマンショップ」といった、全国的にも有名な仲介業者と密接な関係を築き、様々な情報を交換しながら入居者募集・マンション管理といった業務にフィードさせています。

また、入居者募集→契約までの時間を極限まで短縮する為に、各種販促資料のWEB化、案内時の簡略化、審査のスピードアップ等、様々なトライアルを行っています。